ADS-N

アナログ入力・BCD出力 A-D変換器 ADS-N型 BCD出力A-D変換器

概要

本器は外部よりアナログ信号を受け、A/D変換を行った後BCDコードにて外部にデータ出力を行う装置です。

特長

変換スケールは任意の数値で調整が可能です。
出力信号がオープンコレクタ又は接点の2種類から選択できます。
ビジー信号がありますのでデータの取り合いが簡単です。
オプションでパリティ信号を出力する事も出来ます。

型式

ADS-N

仕様・規格一覧

タイプ ADS-N 出力専用A-D変換器
入力信号 アナログ(電圧・電流)
入力インピーダンス 1MΩ(電圧) 250Ω(電流)
変換桁数 10進2・3・4桁(5桁OP)
変換方式 2重積分方式
サンプリング時間 約0.35~6秒可変
変換精度(23℃±5℃) 1 % ±1DIGIT 2桁(0~99)
0.1 % ±2DIGIT 3桁(0~999)
0.03% ±3DIGIT 4桁(0~9999)
出力信号 BCDコード 負論理
オープンコレクター DC30V/50mA
無電圧a接点 DC30V/0.2A(抵抗負荷)
供給電圧 AC100V / DC24V / その他
消費電力 30VA 以下(AC100V )
絶縁耐圧 AC1000V / 1分間 電源 端子 : フレーム間
絶縁抵抗 DC500V / 20MΩ以上 電源 端子 : フレーム間
使用温度範囲 0~45℃
使用湿度範囲 20~90%RH 結露なき事
塗装色 マンセル 5Y7/1半ツヤ

外観図

 

各種ダウンロード

カタログダウンロード
種別1 種別2
文字高
表示桁数 入力
出力 電圧
取付