DT-TB

集合表示器 DT-TB MODEL

概要

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

特長

  • 最大6段×10素子
  • RS-485通信を使用し、表示出来ます。
  • 回路用のDC5V電源とLED用の5V電源を供給して下さい。
  • 電源、RS-485入力コネクタは渡りが出来るように設計されています。
    コネクタは日本圧着端子製のXHを採用
  • RS-485は1/4Unit Load製品を使用しているため通常のRS-485製品では1ライン上にRS-485機器が32台に対し128台まで接続可能です。
  • ボーレートは38,400bpsを採用しています。
    ボーレートの変更は内部ファームウェアにて変更可能です。
  • CN3の出力を使用することによりLED等を接続し、点灯することができます。
    定電流ドライバ出力

型式

仕様・規格一覧

型式 DL-TB①②③④⑤⑥
電源・電圧 DC5V
通信(入力)仕様 RS-485(38,400bps(内部ファームウェアにて変更可能))
表示仕様 φ5LED表示灯 1~6段×10列
①~⑥:上段より色指定(赤:R、緑:G、黄:Y、無し:N)
機能 RS-485通信にて上位からの表示情報を受信し、6段×10列のLEDを表示します。
使用環境 屋内 温度0~70℃、湿度0~90%RH(結露無きこと)
外形寸法(mm) 外形:130(W)×155(H)、取付:120(W)×145(H)
定価 オープン価格

外形寸法

端子接続図


種別1 種別2
文字高
表示桁数 入力
出力 電圧
取付